restaurant

国内で挙げる式とは

結婚式場

結婚式は新郎新婦のものですが、ゲストに喜んでもらうということも大切です。
そこで、ゲストの印象に残る結婚式を考えましょう。
例えば、重厚なチャペルで挙式したり、シャンパンタワーを用意したり、ゴスペル歌手を呼んで生歌を披露してもらったり・・・やり方は色々ありますが、最近ではゲストを巻き込んだ結婚式を行う方が増えてきています。
一例ですが、ドレスコードを設ける、誕生日が近い人にバースデープレゼントを贈る、新婦のカラードレスの色当てクイズを行うなど、ただ座って式を楽しむだけではなく、ゲストも一緒に楽しめる式を行うのが最近の主流になりつつあります。
式場に相談すればアドバイスもしてもらえるので、協力を得て成功させましょう。

印象に残る豪華な演出をするならお金をかける必要がありますが、ただ、それでは予算が足りなくなってしまう可能性があります。
結婚式予算は約340万円とされているため、これを目安にして考えてみましょう。
しかし今は不景気の影響から低予算結婚式も当たり前になってきています。
そのため300万円もお金をかけられないという人は、式のクオリティは落とさずに費用だけ削るというやり方をしているようです。
印象に残る式というのは演出にお金をかけることだけではありません。
例えば、ゲスト席に手書きメッセージを添える、新郎新婦の特技を活かしておもてなしする、自分でプロフィールビデオを作ることもできます。
手間をかければ、費用を削って印象に残る結婚式をすることができるでしょう。